月別アーカイブ: 2014年7月

平成26年8月1日より地域包括ケア病棟開設します

地域包括ケア病床とは

地域包括ケア病床とは

入院治療後、病状が安定した患者さまに対して、リハビリや退院支援など、効率的かつ 密度の高い医療を提供する在宅復帰支援のための病床です。

対象となる方は

急性期の治療が終了した患者さまが対象となり、在宅復帰などへ向けて経過観察やリハビリ・在宅復帰支援等が必要な方が対象となります。

具体的には、①当院にてもう少し経過観察が必要になる方 ②在宅復帰へ向けて積極的なリハビリが必要な方 ③在宅での療養準備が必要な方

入院期間は

該当病床に入室後、最長60日以内での退院が原則となります。

転室のご案内は

主治医が判断し患者さま・ご家族の方にご提案させていただきます。ご了承いただいた患者さまは地域包括ケア病床へ移動し継続入院となります。

入院費用は

地域包括ケア病棟入院医療管理料を算定しますので、包括制となります。なお、75歳以上の方は月の医療費の負担上限が定められていますので、一般病床の場合と負担上限は変わりません。また入室された後には、原則他科受診は行えません。ご協力をお願いします。詳しくは受付にお問い合わせください。

在宅復帰に向けた援助

在宅復帰をスムーズに行うために、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリスタッフ、在宅復帰支援担当者などが協力して、効率的かつ積極的に患者さまのリハビリや在宅支援(相談・準備等)を行っていきます。