中津胃腸病院|外科・内科・肛門外科・乳腺外科・疼痛緩和内科・麻酔科

日本医療機能評価機構

当院は病院機能評価Ver6.0認定病院です。
認定JC1433-02号

中津胃腸病院は、平成20年2月18日に(財)日本医療機能評価機構より「同機構の定める認定基準を達成している」との認定(ver.5.0)を頂きました。また、平成25年3月1日には、ver.6.0の認定を受けました。

病院機能評価とは

国民が、適切で質の高い医療を安心して受けることが出来る事は、医療を受ける立場からも医療を提供する立場からも、等しく望まれています。病院をはじめとする医療機関が提供する様々な医療サービスが、患者さんの望んでいる内容と質で提供されているか、医療機関での日々の診療活動のなかで発生する問題点をきちんと改善できているか、また改善の努力を怠っていないかー(財)日本機能評価機構による病院機能評価とは、こうした病院の現状と問題点を明確にするため、第三者による評価を行い、改善が認められる病院に対して認定証を発行するもので。そこで当院も、患者さんの立場に立った内容と質で医療、安全、そしサービスを提供していきたい考えで今回受審を決意しました。
(参考:日本機能評価機構パンフレット)

評価の方法について

病院機能評価では、以下のような流れで評価が行われます。

  • 書面審査:事前に提出する調査票に基づいて審査を受けます。
  • 訪問審査:4名のサーベイヤー(訪問調査員)による3日間の現地(病院)審査を受けます。
  • 書面審査と訪問審査を合わせた審査結果で評価を受けます。最終認定までに 約6ヶ月程度かかり、その後、認定を受けます。
 

病院機能評価の詳細については日本医療機能評価機構をご参照ください

 

ページトップへ